「ヤマト政権の成立と古墳時代」完全まとめ|簡単にわかりやすく解説!【日本史】

日本史

この記事ではヤマト政権の成立と古墳時代を超わかりやすく解説していきます。

ヤマト政権の成立と古墳時代

まずは年表を確認しておきましょう。

ヤマト政権の成立と古墳時代
  • 紀元前4世紀~3世紀中頃
    弥生時代

    水稲耕作の本格化、金属器の使用、弥生土器、邪馬台国

  • 4世紀前後
    ヤマト政権の成立/古墳時代・前期

    前方後円墳の発生

  • 5世紀
    古墳時代・中期

    前方後円墳中心

  • 6世紀
    古墳時代・後期

    円墳・横穴墓が中心

  • 6世紀末
    飛鳥時代

    592年~710年を飛鳥時代という

この記事では4世紀前後のヤマト政権の成立~古墳時代の前期・中期・後期を扱っていきます。

ヤマト政権の成立

謎の4世紀

「~3世紀中頃」までの弥生時代には漢書かんじょ地理志ちりし後漢書ごかんしょ東夷伝とういでん魏志ぎし倭人伝わじんでんといった文字史料が比較的豊富にありました。

しかし4世紀にはパタリと文字史料が消えてしまうわけです。そのため4世紀は「謎の世紀」といわれています。

前方後円墳の発生とヤマト政権の成立

では、なぜ4世紀前後にヤマト政権が成立したことがわかるのかというと、前方後円墳ぜんぽうこうえんふんと呼ばれる巨大な古墳の発生と分布から推測できるわけです。

3世紀中頃~後半につくられたと考えられている最も古い古墳の1つが奈良県纒向遺跡まきむくいせきにある箸墓古墳はしはかこふんです。箸墓古墳は最大規模の前方後円墳の1つで、卑弥呼の墓とする説初期ヤマト政権の大王の墓とする説もあります。

いずれにせよ、箸墓古墳のような前方後円墳が少なくとも3世紀末の大和(奈良県)につくられたことは確かで、これ以降、近畿地方・大和(奈良)を中心に前方後円墳が広範囲に広がっていきます。このことがヤマト政権の成立を示しているわけです。

ネコ丸
ネコ丸

なんで前方後円墳からヤマト政権の成立がわかるにゃ?

日本各地にある前方後円墳の年代を測定すると、3世紀中頃~後半に大和の地(奈良県)に現れた前方後円墳と同じような形状をした古墳が4世紀半ば頃には関東~九州北部に広がっていくのよ。こうした巨大な前方後円墳の広がりは奈良県で成立したヤマト政権が勢力を拡大していった証拠だと考えられているのよ。

そして5世紀後半にはヤマト政権の権力が東北~九州にまで及んだことがわかっています。

古墳時代・前期

古墳時代の前期は4世紀頃で前方後円墳が中心です。数自体は円墳えんぷん方墳ほうふんが多いのですが、大規模な古墳はいずれも前方後円墳です。

前方後円墳の最大の特徴は竪穴式石室たてあなしきせきしつです。竪穴式石室は権力者1人を埋葬するためだけに作られたお墓であることを意味します。

図解すると下図のようになります。

竪穴式石室はタテ方向に掘った穴に石の部屋を作り、そこに権力者の棺を納めて、上からフタをしていくという埋葬方式です。

ネコ丸
ネコ丸

なんで前方後円墳には権力者1人だけを埋葬したにゃ?

巨大な前方後円墳は偉い人の権威を示すためのものなの。だから1つの古墳には1人の権力者を埋葬できれば良かったのよ。

前期の前方後円墳の特色

古墳時代・前期の前方後円墳には三角縁神獣鏡さんかくぶちしんじゅうきょうなどの副葬品が見られることから呪術的・宗教的性格が強いと考えられます。

ネコ丸
ネコ丸

三角縁神獣鏡さんかくぶちしんじゅうきょうって何にゃ?

神様と霊獣の文様が刻まれた鏡のことよ!

古墳時代・中期

古墳時代・中期は5世紀頃で前期に引き続き主役は前方後円墳です。中期の前方後円墳にもやはり竪穴式石室が見られます。

前期との大きな違いは副葬品です。古墳時代・前期には三角縁神獣鏡など呪術的・宗教的な性格が見られましたが、古墳時代・後期になると副葬品には武具や馬具の割合が多くなり、武人的性格が強くなります

また古墳時代中期になると大規模古墳が出現します。中期に登場した日本最大の前方後円墳大阪府大仙陵古墳だいせんりょうこふんです。また中期には第2位の規模を誇る前方後円墳である大阪府誉田御廟山古墳こんだごびょうやまこふんも出現します。

第4位の規模を持つ前方後円墳である岡山県造山古墳つくりやまこふんもおさえておきたいですね。

これらの古墳の上には円筒埴輪えんとうはにわが置かれました。

これらは5世紀のヤマト政権の大王おおきみの墓だと考えられます。

古墳時代・後期

古墳時代の前期・中期は「前方後円墳」が中心でしたが、古墳時代後期(6世紀頃)になると前方後円墳に代わって小型の円墳えんぷん横穴墓よこあなぼが中心になります。

地方豪族だけではなく、有力農民も古墳を作るようになります。また後期の多くの古墳では、横穴式石室よこあなしきせきしつが見られるようになります。これは追葬ついそうが可能なタイプの埋葬方法です。

ネコ丸
ネコ丸

追葬ついそう」って何にゃ?

追葬とは新たに亡くなった家族などを同じお墓に追加で埋葬することよ!

横穴式石室を図解すると下図のようになります。

権力者1人を埋葬する竪穴式石室に対して上図の横穴式石室は家族的な性格を持っています。つまり古墳時代・後期には追葬が可能な横穴式石室が広がったわけですね。

ヤマト政権成立期の朝鮮半島情勢

さて、ヤマト政権の成立は4世紀前後ということでしたが、4世紀の中頃になると馬韓ばかんという地域が統一されて百済くだらになります。同じ頃、辰韓しんかんという地域が統一されて、新羅しらぎが成立します。

加羅から加耶かやと呼ばれる上図の南端の地域は統一されず小国がひしめきあっていました。ヤマト政権はこの加羅に任那みまなと呼ばれる拠点を置き、朝鮮半島の資源・技術・人材を取り入れていました。

また、こうした利権を守るために、ヤマト政権は朝鮮半島に軍隊を派遣していました。その様子が書かれた史料が高句麗好太王碑文こうくりこうたいおうひぶんです。

南朝への朝貢

また、5世紀から約1世紀の間、ヤマト政権は中国の南朝に朝貢をしていました。五王ごおうさんちんせいこう)が次々に南朝に朝貢した様子が宋書そうじょ倭国伝わこくでんに記されています。朝鮮半島での立場を有利にしヤマト政権を発展させることがその目的でした。

古墳時代の生活

古墳時代の土器

古墳時代の前期~中期には弥生土器に似た性質を持つ赤褐色の土師器はじきが使用されました。5世紀に入ると土師器に加えて朝鮮半島の影響を受けたもので、高温で焼かれ、硬質・灰色の須恵器すえきも用いられるようになります。

古墳時代の儀式

また、古墳時代には、農耕に関するお祭り(祭祀)も執り行われるようになります。春には秋の収穫を祈って祈年祭としごいのまつりが、秋には収穫を感謝して新嘗祭にいなめのまつりが行われていました。

さらに呪術的風習として焼いた鹿の骨の割れ方で吉凶を占う太占ふとまにほうや、熱湯に手を入れて手がただれるかどうかで裁判の真偽を判断する盟神探湯くかたちも行われました。

タイトルとURLをコピーしました