【日本史】高句麗好太王碑文の内容を超簡単にわかりやすく解説!

日本史

高句麗好太王碑文の解説

高句麗好太王碑文の概要

高句麗好太王碑文こうくりこうたいおうひぶんは文字史料の乏しい4世紀のヤマト政権を知るための貴重な手がかりです。一言で言うと「好太王こうたいおう広開土王こうかいどおう)がいかに偉かったか」を記した碑文です。

好太王の子である長寿王ちょうじゅおうによって建てられたもので、かつての高句麗こうくりの首都である丸都城がんとじょうにあります。現在の中国・吉林省きつりんしょうです。

ネコ丸
ネコ丸

結局、好太王碑文は朝鮮と中国のどっちにあるにゃ?

当時は朝鮮半島だった地域が今は中国の一部になっているのね。
大学入試では「中国・吉林省」も出題されるから要注意ね!

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

4世紀の朝鮮半島情勢と鉄資源の確保

まず地図を確認していきましょう。ヤマト政権は大陸の資源や進んだ技術を導入するために、下図の加羅からと呼ばれる地域と早くから密接な関係を結んでいました。

ところが4世紀半ばになると高句麗が南下政策を開始した。こうした情勢を踏まえ、ヤマト政権は加羅の利権を守るために朝鮮半島に軍隊を送ります。鉄資源を手に入れることが大きな理由だったようです。

ネコ丸
ネコ丸

そんなに鉄が大事なのかにゃ?

鉄がないと武器が作れないわ。そして武器がないとヤマト政権は勢力を拡大できないのよ。だから鉄資源の確保のために朝鮮半島の利権をどうしても守りたかったのね。

当時、鉄は貴重で、武器の材料だけではなく農具としても重宝されていました。卑弥呼の時代は宗教的権威によって勢力を拡大していましたが、4世紀頃にヤマト政権が成立すると武力で国内の統一を進めることが重要視されるようになり、武器の材料であるの確保は重要テーマだったわけです。

それでは早速、好太王碑文の内容を確認していきましょう。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

好太王碑文の内容を簡単にわかりやすく解説

百残ひゃくざん新羅しんらは、もとこれ属民ぞくみんにして、由来ゆらい朝貢ちょうこうす。しかるに辛卯しんぼうとしもって、きたりてうみわたり、百残ひゃくざん・■■・■やぶり、もっ臣民しんみんす。…倭寇わこう潰敗かいはい惨殺ざんさつ無数むすうなり。

現代語訳百済や新羅は元々高句麗の支配下にあって以前から高句麗に定期的に挨拶に来ていた。しかし倭が391年に海を渡って百済・新羅を攻め服属させた。しかし(好太王に)倭の侵略軍は破れ多くの死者を出した。

百残ひゃくざん」とは百済くだらのことです。「百残」というフレーズは好太王碑文に独自なものなので、このフレーズから史料名を判断したいところです。

また、「辛卯しんぼうとし」とは西暦391年のことです。これは重要な年号ですよ!

なお■の部分は削れてしまって読み取れない箇所です。

最後の「倭寇わこう潰敗かいはい惨殺ざんさつ無数むすうなり」とは、好太王こうたいおうの活躍により倭は敗北し多くの死者をだしたという意味です。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

騎馬の導入

高句麗に負けてしまった日本ですが、タダでは帰りません。高句麗の騎馬民族部隊との交戦で乗馬の風習を学び、これを日本に持ち帰ります。

その結果、日本国内でも馬を戦争に応用する知識が広まり、日本の国家統一を促進します

一問一答!5題

ここからは一問一答で好太王碑文の知識を定着させていきましょう。試験対策に、是非ご活用ください。

1.4世紀末から5世紀の初め頃、朝鮮半島ではヤマト政権が侵入し、(①)と戦った。414年に建てられた(①)の好太王碑文には、その状況が記されている。[新潟大]

解答解説1
正解は高句麗こうくりです。

2.好太王碑文にある「百残」とは(  )のことと考えられる。

解答解説2
正解は百済くだらです。

3.好太王の業績を示す碑文が高句麗の都のあった(  )に建てられた。[上智大・改題]

解答解説3
正解は丸都城がんとじょうです。現在の中国・吉林省きつりんしょうですね。

4.高句麗好太王碑文を建てた広開土王の子は誰か?[立教大]

解答解説4
正解は長寿王ちょうじゅおうです。広開土王というのは好太王の別名ですね。

5.好太王碑にある「辛卯の年」とは西暦何年か?[立命館大・改題]

解答解説5
正解は西暦391年です。

タイトルとURLをコピーしました