仏教の公伝!戊午説と壬申説の違いとは?上宮聖徳法王帝説と日本書紀

仏教の公伝には戊午説と壬申説の2種類がある
目次

仏教の公伝には戊午説と壬申説の2種類がある!

戊午説と壬申説

古墳時代の後期、欽明きんめい天皇の時代に、百済くだら聖明王せいめいおうから日本に仏教が伝わりました。

これが「仏教の公伝」です。

仏教の公伝には戊午ぼご538年説)と壬申じんしん552年説)の2つの説があります。

戊午説と壬申説のどちらも入試で問われることがあるので、「」と覚えます。

語呂合わせを使えるので、年号の暗記は楽勝ですね。

戊午説と壬申説の年号の覚え方
戊午説と壬申説の覚え方

戊午説とは?

上宮じょうぐう聖徳しょうとく法王帝説ほうおうていせつを信じれば、「戊午の年538年」に、百済聖明王が日本に仏教を伝えたことになります。

ここで、上宮聖徳法王帝説の史料を確認しておきましょう。

しまの天皇すめらみこと御世みよに、戊午ぼごの年の十月十二日に、白斉はくさいの国の主明王めいおう、始めてほとけぞうきょうきょうあわせてそうわたたてまつる。ちょくして蘇我稲目そがのいなめ宿禰すくねの大臣おおおみに授けておこさかえしむ。

【現代語訳】
欽明天皇の治世に、538年の10月12日に、百済の国の聖明王が、はじめて仏教・経文とともに、僧らを送ってきた。そこで欽明天皇は蘇我稲目に仏像などを授けて仏教を隆興させた。

しま天皇」とは欽明きんめい天皇のことです。「戊午ぼごの年」は、戊午ぼご538年。「白斉はくさい」は百済くだらのことで、「明王」は聖明王せいめいおうを指します。

百済の聖明王は、仏像・経典だけではなく、僧も派遣してきたようですね。そして欽明天皇は、「蘇我そがの稲目いなめに仏教を普及させるよう命じた」とあります。

上宮聖徳法王帝説の解説

史実でも欽明天皇のときの大臣おおおみは、蘇我そがの稲目いなめです。

蘇我稲目は仏教伝来に際し、崇仏派(仏教に賛成する勢力)の中心人物として、排仏派(仏教に反対する勢力)の物部もののべの尾輿おこしと対立します(崇仏論争)。

史料本文の引用は割愛しますが、元興寺がんごうじ縁起えんぎという文献にも、538年戊午の年)に「仏教が伝来した」という記録があります。

『上宮聖徳法王帝説』と『元興寺縁起』の方が、壬申説(552年説)を支持する『日本書紀』よりも古い史料です。

また、当時の朝鮮半島の政治動向との矛盾も少ないため、現在では戊午説(538年説)の方が有力視されています。

壬申説とは?

壬申説とは?

一方、『日本書紀にほんしょき』は、552年壬申じんしんを主張します。

入試にもしばしば出題される史料なので、『日本書紀』の本文を確認しておきましょう。

(欽明天皇十三年)冬十月、百済くだら聖明王せいめいおう、……釈迦仏しゃかぶつ金銅像こんどうぞうひとはしらはたきぬがさ若干そこら経論きょうろん若干そこらまきたてまつる。……(天皇)すなわ群臣まえつきみたち歴問れきもんしてのたまわく、「西蕃にしのくにたてまつれるほとけ相貌かお端厳きらぎらし。もはいまかつらず。いやまふべきやいなや」と。蘇我そが大臣おおおみ稲目いなめの宿禰すくねのそうしてもうさく、「西蕃にしのくに諸国しょこくもはらみないやまふ。とよあきづ大和やまとあにひとそむかむや」と。

【現代語訳】
552年の冬10月に、百済の聖明王が釈迦仏の金銅像一体などを献上してきた。欽明天皇は群臣ひとりひとりに、「百済が献上した仏の姿は、美しくおごそかなもので、今までには全くなかったものだ。礼拝すべきか否か」とお尋ねになった。大臣の蘇我稲目が天皇に申し上げるには、「西の隣国の諸国は皆、礼拝しております。日本だけが背くべきではありますまい」と。

この『日本書紀』の抜粋には続きがあり、物部もののべ中臣なかとみは、「外国の神を崇拝すると、日本の神々から怒りを買うだろう」と、仏教の導入に反対しています。

蘇我氏そがしが仏教の導入に積極的な一方、物部氏が仏教に反対するのは当然です。

蘇我氏の家来は、仏教を信仰する渡来人が中心。一方、物部氏の家来は、神道の儀式を担当している中臣氏です。

こうした背景から、蘇我そがの稲目いなめ物部もののべの尾輿おこしは、崇仏論争すうぶつろんそうという形で対立します。

戊午説と壬申説に関する一問一答!

1.「戊午の年」とは西暦何年か?[同志社大]

解答解説1
正解は538年です。

2.(  )や元興寺縁起によれば仏教の公伝は538年のことである。

解答解説2
正解は上宮聖徳法王帝説じょうぐうしょうとくほうおうていせつです。

3.百済の(①)王から伝えられた仏教をめぐり、(②)天皇の下で、崇仏派の蘇我稲目と廃仏派の物部尾輿が対立した。

解答解説3
正解は①聖明せいめいおう、②欽明きんめい天皇です。上宮聖徳法王帝説によれば欽明天皇が蘇我稲目そがのいなめに仏教を託し普及させるよう命じたのですが、物部尾輿もののべのおこしは仏教に反対します。この対立を崇仏論争すうぶつろんそうといいます。

まとめ:戊午説と壬申説のポイント

仏教の公伝について、入試頻出の史料も交えて解説してきました。以下にポイントをまとめます。

  • 百済くだら聖明王せいめいおうが、欽明きんめい天皇の時代に、日本に仏教を伝えた。
  • 仏教公伝の年代は、上宮聖徳法王帝説じょうぐうしょうとくほうおうていせつ元興寺縁起がんごうじえんぎによれば538年戊午ぼご)だが、日本書紀の記述では552年壬申じんしん)になっている。
  • 戊午説538年)の方が有力ではあるが、入試ではどちらも問われる可能性があるので、「」と語呂合わせで覚える。
  • 崇仏派の蘇我そがの稲目いなめと排仏派の物部もののべの尾輿おこしは、仏教をめぐって争った。この争いを崇仏論争すうぶつろんそうという。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次