【日本史史料】魏志倭人伝の内容をわかりやすく解説【邪馬台国と卑弥呼】

目次

『魏志』倭人伝とは

魏志ぎし倭人伝わじんでんは3世紀後半に普の陳寿ちんじゅが記した歴史書で、『三国志さんごくし』の一部です。『魏志』倭人伝には3世紀(弥生時代後期)邪馬台国やまたいこく卑弥呼ひみこの様子が書かれています。3世紀の日本の情勢を物語る貴重な文献史料と言えるでしょう。

それでは、早速、『魏志』倭人伝の中身を見ていきましょう!

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

帯方郡

倭人わじん帯方たいほう東南大海とうなんたいかいなかり、山島さんとうりて国邑こくゆうす。

現代語訳倭人わじん帯方郡たいほうぐんの東南の海の中にある山がちな島に小国を形成している。

日本というのは山がちな国で、朝鮮半島の帯方郡たいほうぐんの東南に位置しているという意味です。当時、帯方郡はの領土でした。帯方郡とは現在のソウル付近のことです。

『魏志』倭人伝は長いですが一緒に頑張って読み解いていきましょう!次に進みますね!

魏と倭の外交

もと百余国ひゃくよこくかんとき朝見ちょうけんするものあり。いま使訳通しやくつうずるところ三十国さんじっこく

もと百余国ひゃくよこくかんとき朝見ちょうけんするものあり」とは漢書かんじょ地理志ちりしのことを言っています。『漢書』地理志の頃の日本(紀元前1世紀頃)は100余りの国に分かれていて互いに争っていたわけです。その頃の100余りの国の中には中国にお土産を持って挨拶に行く国もあった。こうした行為を朝貢ちょうこうといいます。

で、「いま使訳通しやくつうずるところ三十国さんじっこく」とありますから、今日本との間で朝貢関係にあるのは30の国々だということです。この日本の30国は互いに争っていたわけではなく、同盟を結んで連合国家を作っていた。それが邪馬台国やまたいこくです。そして邪馬台国の女王が卑弥呼ひみこなわけですね。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

邪馬台国への道順

ぐんよりいたるには、海岸かいがんしたがひて水行すいこうし、韓国かんこくて、あるいみなみあるいひがしし、…(中略)…邪馬台国やまたいこくに至る。

冒頭の「ぐん」とは帯方郡たいほうぐんのことです。これは入試超頻出ポイントですよ。で、邪馬台国に行くには帯方郡から海沿いに移動して韓国を経て、南へ進み、東へ進み…邪馬台国に至る。と邪馬台国への道順が細かく記してあります。

しかし、この『魏志』倭人伝のナビがいまいちあてにならない。そのせいで未だに邪馬台国の位置は不明のままで、これを邪馬台国論争といいます。邪馬台国論争では九州説きゅうしゅうせつ畿内説きないせつが有力です。

邪馬台国の身分制度

女王国じょうおうこくより以北いほくには、とく一大率いちだいそつき、諸国しょこく検察けんさつせしむ。諸国之しょこくこれ忌憚いたんす。…下戸げこ大人だいじん道路みち相逢あいあへば、逡巡しゅんじゅんしてくさり、つたことくには、あるいはうずくまりあるいはひざまずき、両手地りょうてちこれ恭敬きょうけいをなす。

現代語訳女王国より北側の同盟国には一大率いちだいそつという役人が置かれ、その国を監視している。諸国はこの一大率をとても恐れている。…下戸げこと呼ばれる一般庶民が支配階級の大人だいじんと道で会うと、道の横の草の中に入って道を空け、言葉をかけるには、地面にひざまずき、両手を地につけて大人を敬わなければならない。

同盟国を監視するために伊都国いとこくに派遣されたのが一大率いちだいそつという役人です。そして、どうも邪馬台国では一般庶民を下戸げこ、支配階級を大人だいじんと呼んでいたらしいことがわかります。下戸・大人は史料の穴埋め問題で狙われますよ。「下戸→大人」の順番ですので注意して下さい。

このことから邪馬台国には厳しい身分制度があったことがうかがい知れますね。

卑弥呼

くにもとまた男子だんしもっおうとなし、とどまることしち八十年はちじゅうねん倭国わこくみだれ、相攻伐あいこうばつしてとしたり。すなわとも一女子いちじょしてておうす。卑弥呼ひみこふ。

男子を王にしたがうまくいかなかったので、女性の卑弥呼ひみこを王にしたところ邪馬台国がうまく治まったということが書いてあります。

続いて、卑弥呼の特徴について紹介されています。

鬼道きどうこととし、しゅうまどはす。としすで長大ちょうだいなるも、夫壻ふせいく、男弟だんていり、たすけてくにおさむ。

鬼道きどうこととし、しゅうまどはす。」とあります。「呪術に優れ、人々をうまく統率した」という意味です。つまり卑弥呼は鬼道きどう(宗教的権威)を背景に邪馬台国を統率していたことがわかります。

夫壻ふせいく、男弟だんていり、たすけてくにおさむ。」の部分は「夫はいないが弟がいて、その弟が政治を補佐している」という意味になっています。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

親魏倭王

景初けいしょ二年にねん六月ろくがつ女王じょうおう大夫だいふ難升米なしめつかはしぐんいたり、天子てんしまいりて朝献ちょうけんせんことをもとむ。…とし十二月じゅうにがつ詔書しょうしょして女王じょうおうほうじていわく、…いまなんじもっ親魏倭王しんぎわおうし、金印紫綬きんいんしじゅゆるし、装封そうふうして帯方たいほう太守たいしゅ仮授かじゅせしむ。…

現代語訳239年6月、の女王の卑弥呼ひみこ大夫だいふ難升米なしめを使者として、帯方郡たいほうぐんに派遣してきた。この使者はの皇帝に朝貢ちょうこうしたいと希望した。その年の12月に卑弥呼ひみこ親魏倭王しんぎわおうの称号を与え、金印にむらさきひもをつけ、帯方郡たいほうぐんの役人を通じて金印を与えた。

「景初二年」は他の史料から「景初三年」の間違いだと分かっています。景初三年は西暦239年です。この年に大夫だいふという身分の難升米なしめという人物が帯方郡たいほうぐんに朝貢にきたわけです。その結果、卑弥呼は親魏倭王しんぎわおうの称号をゲットします。

卑弥呼の死

卑弥呼ひみこもっす。…(中略)…さら男王だんおうてしも、国中くにじゅうふくせず。…また卑弥呼ひみこ宗女そうじょ壱与いよとし十三じゅうさんなるをてておうす。国中くにじゅうついさだまる。…

『魏志』倭人伝には卑弥呼の死と、その後についても書いてあります。卑弥呼は狗奴国くなこくとの戦争で死亡しました。その結果、国が乱れた。そこで13歳の宗女であった壹与いよを女王にしたところ国がようやく治まったらしい。もしかすると邪馬台国は女王でないとうまく治めることができないかったのかもしれませんね。

さて、ここまでで『魏志』倭人伝の解説は終わりです。ここからは一問一答で知識を定着させていきましょう。是非、定期試験・大学入試・歴史能力検定の参考にしてください。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

一問一答!

1.後漢の滅亡後、3世紀には中国は(  )・蜀・呉の3国に分かれていた。[青山学院大・改題]

解答解説1
正解はです。後漢が滅亡すると中国は三国時代に突入します。

2.特に魏は強大で倭国との関係も深かった。この魏のことを記録した『(①)』倭人伝には女王(②)が西暦(③)年に遣使を送り(④)の称号と多数の銅鏡を贈られたことが記されている。[青山学院大・改題]

解答解説2
正解は①魏志ぎし倭人伝わじんでん、②卑弥呼ひみこ、③239、④親魏倭王しんぎわおうです。景初三年(239年)に大夫の難升米を帯方郡に派遣し、親魏倭王の称号を得たわけです。

3.伊都国に置かれたとされる地方監察官の名称は何か?

解答解説3
正解は一大率いちだいそつです。諸国はこの一大率をとても恐れていたと『魏志』倭人伝にはあります。

4.邪馬台国の身分制度において、支配階級の身分を(①)といい、庶民の身分を(②)という。

解答解説4
正解は①大人だいじん、②下戸げこです。邪馬台国には厳しい身分差があったわけですね。

5.卑弥呼の死後、男王を経て、女王となった宗女は誰か?

解答解説5
正解は壹与いよ壱与いよでも可)です。卑弥呼狗奴国との争いで戦死すると13歳の宗女、壹与が邪馬台国の女王になります。
[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる