壱与とは?簡単にわかりやすく解説

壱与とは?わかりやすく解説!
目次

壱与とは?

壱与いよ壹与いよまたは台与とよとも書き、生没年不詳の女性です。

卑弥呼の死後、男王が立つも、内乱が勃発。

内乱をおさめるため、壱与が13歳の若さで、邪馬台国の女王になります。

壱与は卑弥呼の親族であったとも考えられています。

壱与の時代の政治

壱与は卑弥呼と同様に、魏に使者を送り、朝貢外交を展開します。

さらに、中国で三国時代が終わると、魏の次の国家である西晋にも使者を送ったとされています。

ただし、その記載がある日本書紀には、「倭の女王が使者を送った」としか書かれていないため、壱与である確証はありません。

その後、3世紀後半~4世紀にかけて、奈良県を中心にヤマト政権が成立しますが、邪馬台国との関連性は不明です。

関連する人物

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次