古文の五十音・歴史的仮名遣いの読み方をわかりやすく解説![古典文法超入門講座#1]

目次

古文の五十音・歴史的仮名遣いの読み方

古典文法超入門講座の第1回目です。今回は「歴史的仮名遣い」の解説をしていきます。

古文の世界の五十音は現代とはちょっとだけ違ってきます。これを歴史的仮名遣いれきしてきかなづかいといいます。

歴史的仮名遣いは平安中期の頃の仮名遣いよ。

まずは簡単なハ行から解説していきます。

ハ行はワ行に変換するのが原則

は・ひ・ふ・へ・ほ → ワ・イ・ウ・エ・オ

具体例が無いといまいちピンとこないにゃー

例えば超有名な古文単語の「あれ」は「あれ」と読みます。ちにみに「あれ」の意味は「しみじみとした趣」ですね。

このようにハ行を見たらワ行に変換するようにしてください。

どんなハ行でもワ行で読めばいいのかにゃ?

但し、例外があります。ハ行が語頭(単語の最初)にある場合はそのまま読んでOKです!

例えば、「な(花)」はそのまま「な」と読めばいいわけです。

「ハ行→ワ行」は直感でだいたいわかるから簡単だよね。例えば「いふ(言ふ)」だったら「言う」になることはすぐにわかるね!

実は古文の歴史的仮名遣い(五十音)で要注意なのはヤ行ワ行なんです。次はこの2つを丁寧に解説していきますね。

ヤ行とワ行の読み方

ヤ行

やゆよ → やyiye

ワ行

わ を → わwiwe

これを覚えるとどういうメリットがあるのかにゃ?

例えば「植ゑ」は何行の動詞でしょうか?

「ゑ」は「え」って読むから、「あいうえお」のア行かにゃ?

確かにえ「ゑ」は「え」と発音しますが、「」は「わwiweお」の「」なので、「植」はワ行の動詞です。五十音図をきちんと覚えていないとア行やヤ行と勘違いしてしまうので要注意です!

ダ行

ぢ → ジ / づ → ズ

これもだいたい直感的にわかりますよね。例えば歴史的仮名遣いでは「は(恥)」は現代語では「ハ」となります。

くわ・ぐわ

くわ → カ / ぐわ → ガ

「くわ→カ」と「ぐわ→ガ」はちょっと直感ではわかりにくいので要注意です。例えば歴史的仮名遣いで「くわじ」はなんと読むでしょうか?

うーん、「食わじ」かにゃ?

「くわ→カ」なので「くわじ」→「ジ(火事)」が正解です。

あう/いう/えう/おう

  • あうau→ オーoo
  • いうiu → ユーyu
  • えうeu → ヨーyoo
  • おうou → オーoo

これもだいたい直感的に読めてしまいますよね。

例えば「あうオーむ(鸚鵡オウム)」は「オウム」、「いうユーなり(優なり)」は「ユウナリ」、「えうヨー(要)」は「ヨウ」、「おうオーな(嫗)」は「オウナ」となります。

語句 優なり(優れていて立派だ)、要(要点)、おうな(おばあさん)

ちなみに、五十音図の横を「」と言います。例えばア段とは「あかさたなはまやらわ」のことですね。

基本的にア段・イ段・エ段の仮名に「う」・「ふ」がつくときは、現代仮名遣いとは違ってくるんです。

例えば「」は「t」なので「エ段」ですね。これに「ふ」がつくと「てふ」になります。「てふ」は「ちょう(蝶)」と読みます。

「てふてふ」で「チョウチョウ」と読むというのは習ったことがあると思います。

ここからは練習問題を解きながら古文の歴史的仮名遣いに慣れていきましょう。

歴史的仮名遣いの練習問題

例題次の語を現代仮名遣いに直すと?

なお「+解答解説」ボタンを押すと「解説」と「答え」を確認することができます。

①にほひ

解答解説①
正解はにおい(匂い)です。「はひふへほ」→「ワイウエオ」なので「ひ」→「イ」ですね。ただこれは直感で分かってしまうと思います(笑)。

②ゑあはせ

解答解説②
正解はえあわせ(絵合わせ)です。「わゐうゑお」の「ゑ」は「エ」と読むのでした。「絵合はせ」とは互いに絵を出し合ってその優劣を決める遊びのことです。現代の絵しりとりのような遊びに似ていますね。

③まゐる

解答解説③
正解はまいる(参る)です。「わゐうゑを」の「ゐ」は「イ」と読むのでしたね。

④くわんげん

解答解説④
正解はかんげん(管弦)です。「くわ」は「カ」、「ぐわ」は「ガ」と読みます。

やうやう末ざまになりて(「やうやう」を現代仮名遣いに直すと?)

解答解説⑤
正解はようようです。ア段(あかさたなはまやらわ)に「う」が付くと「ヨー」と読みます。「やうやう」で「だんだんと」という意味なので、「やうやう末ざまになりて」は「だんだんと最後の方になって」という意味です。
[PR] 今売れ筋の古文の参考書をAmazonでチェックしよう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる