【古文】カ行変格活用(カ変動詞)の見分け方&覚え方!古典文法入門#7

古典文法超入門講座7-カ行変格活用の見分け方

古典文法入門【第2講】~【第6講】では「四段上二段下二段上一段下一段」と正格活用を解説してきました。

ここからは正格活用に対して、変格活用を確認していきます。

変格活用とは、不規則に変化する古文動詞のことです。

変格活用は語数が限られているので、楽に覚えられるのが特徴です!

目次

カ行変格活用(カ変)とは?

カ行変格活用カ変)は、変則的に活用する、カ行の動詞です。

読んで字のごとく、「カ行」しかありませんので、他の行になることはありません。

カ行変格活用をする動詞は、「」の一語のみです。

「来」ときたらカ変!

ただし、「まうでかへ」といった複合動詞も存在します。

複合動詞は単語の一部に「来」を含むので、そこからカ変動詞だと見分けますよ。

早速、カ変動詞の活用表を確認しておきましょう。

基本形語幹未然連用終止連体已然命令
くるくれ
こよ
出で来出でくるくれ
こよ
カ行変格活用
基本形語幹未然連用終止連体已然命令
くるくれ
こよ
出で来出でくるくれ
こよ
カ行変格活用

終止形が「くる」ではなく「」である点に注意してくださいね!

また、命令形が2つある点もポイントですね。

「一問一答」でカ行変格活用の要点を暗記しよう!

一問一答集を何度も繰り返すことで、確実に文法事項を覚えることができます。

※それぞれの問題をタップ(クリック)すると、解答解説が表示されます。

まとめ:カ変動詞のポイント

  • カ変動詞は基本的に「」の一語のみ!
  • ただし、「」のような複合動詞もある。
  • 複合動詞には必ず「」が含まれているので、見分けるのは簡単!
  • カ行変格活用は「」の活用だけ覚えておけば大丈夫!

5種類の正格活用に加え、カ変動詞で6種類目の動詞を扱いました。

古文の基礎となる「動詞」は残り3種類です。

一緒にしっかりと覚えていきましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次