【古文】上一段活用とは?覚え方&見分け方をわかりやすく解説!古典文法入門#5

古典文法超入門講座5-上一段活用の見分け方・覚え方

古典文法入門【第2講】【第3講】【第4講】では、四段上二段下二段の動詞をそれぞれ解説してきました。

「四段・上二段・下二段」の3つの活用だけで、古文の全「動詞」の90%以上をカバーできます。

言い換えれば、「四段・上二段・下二段」は古文を読解する上でよく出会う動詞なので、何度も繰り返してしっかり覚えておきましょう!

この記事では、4つ目の動詞の”活用の種類”として、「上一段活用」をわかりやすく解説していきます!

記事の最後の「一問一答」で覚え方も完璧!

当記事をつかって、上一段活用を「理解・暗記」して頂ければと思います。

目次

上一段活用とは?

上一段活用とは?

上一段活用の名称の由来

活用を暗記しても、”活用の種類”はごっちゃになってしまうことがあります。

そのため、名称の由来を覚えることは大事です。

上一段という名称は、「a・i・u・e・o」の5段のうち、真ん中の「u」の段から見て”ひとつ上”の「i」の段だけで活用することに由来します。

上一段動詞の活用

上一段活用の骨格部分の活用は、「iiiるiるiれiよ」です。

たとえば上一段動詞の「着る」は、次のように活用します。

基本形語幹未然連用終止連体已然命令
着るきるきるきれきよ
iiiるiるiれiよ
基本形語幹未然連用終止連体已然命令
着るきるきるきれきよ
iiiるiるiれiよ

iiiるiるiれiよ」と活用しているのが分かりますね!

上一段活用の見分け方&覚え方

上一段活用の動詞はごく少数しかないので、暗記で見分けます。

上一段動詞の覚え方は「ゐる」という語呂合わせを使うのが定番です。

ひいきにみいる
上一段動詞の覚え方

一気に覚えようとするのではなく、「”ひ”で始まる上一段動詞は?」のように、7つに分割して暗記します。

この記事の最後の方に掲載している「一問一答」で暗記すればいいので、今はサラッと表を確認してください。

語呂活用の行上一段動詞
ハ行
ヤ行
カ行着る
ナ行似る煮る
マ行見る
ゐるワ行

ヤ行の「」と、ワ行の「」は”活用の行”にも要注意ですよ!

【例文】
ともに寄りて(御伽おとぎ物語)

【現代語訳】
一緒に寄り添って座って

【解説】
」はワ行上一段活用の動詞で、意味は「座る」です。

」も同じ「座る」という意味のワ行上一段ですよ。

活用は「ゐるゐるゐれゐよ」で、一見すると「」+「」は、”未然形”か”連用形”かの判断に迷うかもしれませんね。

「助詞””の上は連用形になる」というルールがあるので、「」は、ワ行上一段活用連用形と考えます。

ちなみに「寄り」はラ行四段活用連用形です。直後が「居」と動詞(=用言)なので、連用形なのは当然ですね。

この9個以外にも、何語か上一段動詞はありますが、まずは頻出の9語を暗記すれば大丈夫です。

ここからは「一問一答」を使って9個の上一段動詞を暗記していきましょう。

【一問一答11題】上一段動詞の基本語を暗記しよう!

一問一答集を何度も繰り返すことで、確実に文法事項を覚えることができます。

※それぞれの問題をタップ(クリック)すると、解答解説が表示されます。

まとめ:上一段活用のポイント

  • 上一段活用は、「a・iu・e・o」の「u」から見て”ひとつ上”の「i」だけで活用するので、「上一段」と呼ばれる。
  • 上一段活用の見分け方は「暗記」。
  • 上一段活用の覚え方は「ひいきにみゐる」。
  • ヤ行上一段活用の動詞は「」。
  • ワ行上一段活用の動詞は「」。

最後に図解で、上一段動詞の基本語を確認しておきましょう!

ひいきにみいる
上一段動詞の覚え方

あわせて読みたい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次