乙巳の変をわかりやすく解説!なぜクーデターを起こす必要があったのか!?

目次

7世紀の東アジア情勢

乙巳の変いっしのへんはなぜ起きたのか?」これを理解するには、まずは7世紀の東アジア情勢をおさえておく必要があります。

唐の強大化

東アジアってどこにゃ?

東アジアとは中国から朝鮮半島にかけての地域です。中国では7世紀初頭にずいが滅亡し、618年にとうが中国を統一します。

隋は高句麗こうくりとの戦争に失敗しますが、唐はとにかく強い。そんな唐も高句麗に戦争をしかけます。その結果、朝鮮半島は非常に緊張します。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

中央集権化の必要性

強国である唐の影響は日本にも及ぶ。日本も唐にならって律令りつりょう制度を整えて、急いで中央集権化を進める必要が出てきたわけです。

蘇我氏の専横

早期に中央集権化をはかり、日本の国力を充実させないといけない。そんな中、中央集権化の足かせになったのが蘇我氏そがしの権力独占です。これを蘇我氏の専横せんおうといいます。

ちなみに、この頃の蘇我氏は蘇我蝦夷そがのえみし蘇我入鹿そがのいるかです。蘇我蝦夷がお父さんで、息子が蘇我入鹿です。

山背大兄王を滅ぼす

皇極天皇こうぎょくてんのうの治世、蘇我氏は聖徳太子(厩戸王うまやとおう)の子供で、非常に有能だと評判だった山背大兄王やましろのおおえのおうを自殺に追い込んでしまいます。

山背大兄王は時期皇位継承者として最有力候補であったわけですが、蘇我氏としては有能な人物に天皇になられてしまうと権力を失いかねない。そのため山背大兄王を自殺に追い込んで滅ぼしたわけです。

乙巳の変

このように中央集権化の邪魔になっていた蘇我氏を滅ぼした事件こそが乙巳の変いっしのへんです。

つまり、蘇我氏を滅ぼして大化の改新たいかのかいしんを行い、さらには唐のように律令りつりょうを整え、日本の中央集権化を達成する必要があったわけです。

乙巳の変では中大兄皇子なかのおおえのみこ中臣鎌足なかとみのかまたり蘇我倉山田石川麻呂そがのくらやまだいしかわまろの協力を得て、蘇我蝦夷そがのえみし入鹿いるかを滅ぼします。

ちなみに中大兄皇子と中臣鎌足は、遣隋使から帰ってきた南淵請安みなみぶちしょうあんの塾で学んだ学友です。

また、蘇我倉山田石川麻呂そがのくらやまだいしかわまろは蘇我氏一族なのに中大兄皇子側に協力してくれた(笑)。

つまり645年の乙巳の変は、大化の改新の出発点となったクーデター事件だったのです。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

乙巳の変後

蘇我氏が滅亡したことをきっかけに人事も刷新されます。

孝徳天皇の即位

まず権力は蘇我氏から中大兄皇子に移ります。

そこで中大兄皇子は軽皇子かるのみこ孝徳天皇こうとくてんのうとして即位させます。中大兄皇子は自ら天皇に即位することはせず皇太子こうたいしとして実権を握ります。

「皇太子」という立場の方が自分のしたい政治を柔軟に行えたからだと言われています。

大化の改新のメンバーを発足

また、左大臣には阿倍内麻呂あべのうちまろ、右大臣には蘇我倉山田石川麻呂そがのくらやまだいしかわまろが、内臣うちつおみには中臣鎌足なかとみのかまたりが就任します。

さらに、遣隋使で隋・唐に学んだ留学生・留学僧であった、高向玄理たかむこのげんりみん国博士くにのはかせというブレーン的な地位に就きます。

このメンバーで行われた中央集権化のための政治改革が大化の改新です。

645年の乙巳の変の翌年(646年元旦)には改新の詔かいしんのみことのりが発布され、いよいよ大化の改新と呼ばれる政治改革が本格的に実施されることになります。

さて、ここからは一問一答で乙巳の変について確認していきましょう。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

一問一答!乙巳の変の重要用語

余裕があったら用語も暗記すると理解が深まるにゃ♪

「+解答解説」ボタンを押すと「解説」と「答え」を確認することができます。

1.推古天皇が死去した時、田村皇子や厩戸王の子である(  )らが、有力な皇位継承者として存在していた。[立教大]

解答解説1
正解は山背大兄王やましろのおおえのおうです。田村皇子とは舒明天皇じょめいてんのうのことです。厩戸王うまやとおうとは聖徳太子のことですね。

2.643年、蘇我蝦夷の子である蘇我入鹿により斑鳩宮で滅ぼされた、聖徳太子の子は誰か?

解答解説2
これも正解は山背大兄王やましろのおおえのおうですね。蘇我氏が権力を独占するためには有能な山背大兄王は邪魔だったわけです。

3.(①)年、中大兄皇子・中臣鎌足らが蘇我入鹿を殺害した事件を(②)という。

解答解説3
正解は①645年、②乙巳の変いっしのへんです。膨張する唐に対抗するため中央集権化をはかるには、蘇我氏の専横を阻止する必要があったわけですね。この乙巳の変が大化の改新と呼ばれる一連の政治改革のスタート地点です。

4.中大兄皇子らによって蘇我氏が滅ぼされると、皇極天皇に代わり(  )天皇が即位した。

解答解説4
正解は孝徳天皇こうとくてんのうです。乙巳の変いっしのへん後には政治体制を一新するため天皇も交代します。ちなみに皇極天皇は女性で、後に重祚ちょうそします。重祚とは過去に天皇をやったことのある人がもう一度天皇の位につくことです。

5.中大兄皇子は自らは天皇にはならず(  )として実権を握った。

解答解説5
正解は皇太子こうたいしです。中大兄皇子は、より柔軟に自分自身が理想とする政治をするために皇太子の地位に就いたのでしたね。このように、天皇空位のまま政治を行う事を称制しょうせいといいます。

6.乙巳の変後、中大兄皇子は皇太子の位に就き、(①)は内臣、(②)は左大臣、(③)は右大臣になった。また国博士には高向玄理と旻が就任した。

解答解説6
正解は①中臣鎌足なかとみのかまたり、②阿倍内麻呂あべのうちまろ、③蘇我倉山田石川麻呂そがのくらやまだいしかわまろです。内臣は「うちつおみ」と読みます。また国博士は「くにのはかせ」と読みます。阿倍内麻呂はどこから出てきたんだという話ですが、争いを好まない穏健派の豪族の長老的立場の人物です。
[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる