第4文型(SVOO)の奪う系の動詞5選【暗記のための例文・問題付き】

第4文型(SVOO)の奪う系の動詞

第4文型(SVOO)の動詞は基本的に「与える」という意味になりますが、例外的に「奪う系」の意味になる5つの代表的な動詞があります

目次

第4文型(SVOO)の「奪う系」の動詞一覧

  • take(O1から[時間]を奪う)
  • cost(O1から[お金]を奪う)
  • save(O1から[手間]を奪う)
  • owe(O1から[お金]を奪う)
  • deny(O1から[権利]を奪う)

これらの「奪う系」の動詞について実際の例文でその意味を確認していきましょう。

[PR] 今売れ筋の英文法の参考書をAmazonでチェックしよう!

第4文型(SVOO)の「奪う系」の動詞の例文

takeの例文

It took me two years to study French.
フランス語を勉強するのに2年かかった。

第4文型には目的語が2つあるので、1つ目の目的語をO1、2つ目の目的語をO2と捉えると便利です。つまりSVO1O2と考えるわけです。

この例文の場合、meが<O1>、two yearsが<O2>です。文頭のItは形式主語で、本当の主語はto study French「フランス語を勉強すること」ですね。

takeは「O1から[時間]を奪う」なので直訳は「私から2年間を奪う」となり、意訳は「2年かかった」です。

costの例文

It cost me a lot of money to buy a computer.
コンピューターを買うのに多額の費用がかかった。

この例文でも文頭のItは形式主語で、to buy a computerが本当の主語です。そしてmeが<O1>、a lot of moneyが<O2>です。costは「O1から[お金]を奪う」なので、直訳は「私から多額の費用を奪う」で、意訳は「多額の費用がかかった」です。

saveの例文

It will save me 500 yen to buy a second-hand book.
古本を買うと500円の節約になる。

文頭のItは形式主語で、本当の主語はto buy a second-hand bookです。そしてmeが<O1>、500 yenが<O2>です。saveは「O1から[手間]を奪う」という意味で、[手間]の部分に[お金]がくると、「節約になる」という意味になります。

oweの例文

Jane owe her friend $10.
ジェーンは友人に10ドル借りている。

her friendが<O1>、$10が<O2>です。oweは「O1から[お金]を奪う」が直訳ですが、意訳すると「O1から[お金]を借りる」という意味になります。

denyの例文

Jane denies her child nothing.
ジェーンは子供の言うことを何でも聞いてやる。

her childが<O1>、nothingが<O2>です。denyは「O1から[権利]を奪う」という意味なので、直訳は「子供から何も奪わない」です。転じて「子供のことを否定しない→言うことをなんでも聞いてやる」という意味になります。

第4文型(SVOO)の「奪う系」の動詞のまとめ

第4文型の「奪う系」の動詞の代表的なものは、以下の5つでした。

  • take(O1から[時間]を奪う)
  • cost(O1から[お金]を奪う)
  • save(O1から[手間]を奪う)
  • owe(O1から[お金]を奪う)
  • deny(O1から[権利]を奪う)

ですが、第4文型(SVOO)の動詞は基本的には「奪う」ではなく「与える」という意味になります。こちらについても確認したい方は、以下の記事をご参照ください。

・第4文型SVOOの動詞の覚え方・動詞一覧

[PR] 今売れ筋の英文法の参考書をAmazonでチェックしよう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる