3分で分かる!湿田と乾田の違い|日本史「水稲耕作の本格化と弥生時代」

乾田と湿田
目次

湿田と乾田の違いとは?

縄文時代の最後の段階になると米作りが始まりました。縄文時代晩期に米作りをしていたことは佐賀県菜畑遺跡(なばたけいせき)や福岡県板付遺跡(いたづけいせき)の発掘調査から明らかになっています。そして弥生時代に入ると水稲耕作が本格化します。

ここからは湿田と乾田の特色・違いを詳しく解説していきます。

記事の最後には、一問一答形式の問題を設置しました。腕試しに是非ご活用ください。

湿田とは

弥生時代の前期には湿田水稲耕作が行われます。湿田は川に近い低湿地で日当たりが悪く生産性の低い田んぼでした。

そのような湿田で水稲耕作が行われたのは、弥生時代の前期頃ではまだまだ鉄製農具が少なく、水のないところに水を運ぶ施設(灌漑施設/かんがいしせつ)を作るのが困難だったためです。

石包丁で穂首狩り

弥生時代前期の湿田を中心とした水稲耕作では磨製石器石包丁で穂首狩りが行われています。

湿田=直播(じかまき)

また湿田では土に直接モミを播く直播(じかまき)が一般的でした。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

乾田とは

弥生時代の後期になると鉄製農具が普及し、灌漑施設を作ることができるようになりました。あえて生産性の低い湿田で水稲耕作を行わなくても条件の良い土地まで水を引けるようになったのです。

その結果広まったのが、湿田よりも生産性の高い乾田です。

「石包丁」から鉄製の「鎌」へ

弥生時代前期には石包丁で穂首狩りをしていましたが弥生時代の中期以降になると鉄製農具が広まっていったので収穫にも鎌(かま)が使われるようになりました。

「直播」から「田植え」へ

また乾田では直播(じかまき)が行われていましたが湿田では田植えが行われる点がポイントです。

湿田と乾田のまとめ

  • 水稲耕作は縄文時代晩期に始まった
  • 弥生時代前期=湿田直播→生産性低い
  • 弥生時代後期=乾田田植え→生産性高い
[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

試験に出る!日本史一問一答

大学受験日本史の過去問を中心に一問一答形式の練習問題を用意しました。歴史能力検定にも役立つ内容です。是非参考にしてみてください。

なお、「+解答解説」ボタンを押すと解説と答えを確認することができます。

1.佐賀県唐津市の(  )遺跡からは、縄文時代晩期の土器とともに水田跡が見つかり、大陸から水稲耕作が伝わってきたことが明らかになった。

解答解説1
関西大学の過去問です。正解は菜畑遺跡(なばたけいせき)です。菜畑遺跡は佐賀県の縄文晩期の遺跡で、この遺跡からは「炭化米」や「石包丁」などが出土していることから縄文晩期に米作りをしていたことが、明らかになっています。同様に縄文晩期に米作りをしていたことを裏付ける遺跡には、福岡県板付遺跡(いたづけいせき)があります。

2.弥生時代前期の稲作は地下水位の高い(  )田で行われていた。

解答解説2
慶応義塾大学の過去問です。正解は「湿です。

3.稲の栽培で利用されたのは主に低湿地であったが、時代が下ると灌漑・排水設備の整備が進み、(  )の開発が盛んになった。

解答解説3
青山学院大学の過去問です。正解は乾田です。弥生時代中期頃から鉄製農具が普及し始め、良い立地に水を引くことができるようになりました。こうした水を引いてくる設備を灌漑施設(かんがいしせつ)といいます。鉄製農具のおかげで灌漑施設が作れるようになると湿田にかわって、より生産性の高い乾田が普及します。

4.弥生時代の水稲耕作は、田植えやモミの直播をし、(  )による穂首狩りで収穫するのが一般的であった。

解答解説4
成城大学の過去問です。正解は石包丁です。弥生時代中期に鉄製農具が普及すると磨製石器である石包丁はだんだん使われなくなり、代わりに鉄製農具である鎌(かま)で穂首狩りが行われようになりました。ただし大学入試の観点から見ると、「穂首狩り」と聞いたら即「石包丁」と答えるのがベターです。石包丁で穂首狩りは超頻出問題です。「穂首狩り」の方が空所補充で問われることも非常に多いです。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる