稲荷山古墳出土鉄剣銘の内容をわかりやすく完全解説【ヤマト政権】

日本史

稲荷山古墳出土鉄剣銘の解説

稲荷山古墳出土鉄いなりやまこふんしゅつどてっとうめい』は埼玉県稲荷山古墳から発掘された鉄製の刀で、この刀には乎獲居おわけという人の自慢話のようなものが刻まれています。

そんな無名の人物の自慢話をなんでありがたがっているんだ!?

この史料の日本史的意義は5世紀のヤマト政権の勢力が関東(埼玉県)にまで及んでいたということです。

また弥生時代にはまだ文字がなく4~5世紀の応神天皇の時代に王仁わにが文字を伝えたとされています。

その最古の証拠こそが471年の『稲荷山古墳出土鉄剣銘』に刻まれた115文字の金石文きんせきぶんです。

石碑や鉄刀などに文字を刻んだものを金石文といいます。

つまり『稲荷山古墳出土鉄剣銘』には5世紀のヤマト政権の勢力範囲が関東に及んでいたことだけではなく、文字の使用という2つの歴史的意義があるわけね!

では、早速、この鉄剣銘の本文を確認していきましょう!

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

「稲荷山古墳出土鉄剣銘」の表の文

〔表〕辛亥しんがいとし七月中しちがつちゅうしるす。乎獲居臣おわけのおみ上祖かみつおや意富比垝おとひこ…。

表の文で重要なのは「辛亥しんがいとし」だけです。西暦471年のことです。

つまり5世紀後半には既に文字が使われていたわけです。

また5世紀のヤマト政権の勢力範囲が関東にまで及んでいたことが重要なのでした。

後半は乎獲居おわけという無名の人物の自慢話なので無視してしまってだいじょうぶです。

続いて裏の文を見ていきましょう。

「稲荷山古墳出土鉄剣銘」の裏の文

〔裏〕…世々よよ杖刀人じゅとうにんくびり、奉事ほうじきたいまいたる。獲加多支鹵大王わかたけるのおおきみてら斯鬼宮しきのみやときわれ天下てんか佐治さじし、百錬ひゃくれん利刀りとうつくらしめ、奉事ほうじ根源こんげんしるり。

現代語訳代々大王の親衛隊長として朝廷に仕えてきた。ワカタケル大王の寺が斯鬼宮しきのみやにあったとき、私は大王おおきみを補佐したので、この立派な刀にその由来を書き残すことにした。

やっぱり自慢話が書いてあるねw

どうやらこの人物は埼玉県の地方豪族でヤマト政権で大王の護衛隊長をしていたらしいことがわかりますね。

重要なのはここから!史料の本文中に出てくる「獲加多支鹵大王わかたけるのおおきみ」とは雄略天皇ゆうりゃくてんのうのことなんです。

この人物は雄略天皇に仕えていたわけですから、いかにヤマト政権が関東に影響力を持っていたかがわかります。

また熊本県の江田船山古墳出土から出土した鉄刀にも「獲□□□鹵大王」という記述があります。

ところどころ欠けていますが、これも雄略天皇を表しているわけです。

[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

一問一答!

腕試し用に一問一答を設置したので、是非活用してください。なお「+解答解説」ボタンを押すと「解説」と「答え」を確認することができます。

1.『稲荷山古墳出土鉄剣銘』に記載のある「辛亥の年」とは西暦何年か?

解答解説1
正解は471年です。

2.ワカタケルの大王とは(  )天皇のことである。

解答解説2
正解は雄略天皇ゆうりゃくてんのうです。
[PR] 今売れ筋の日本史の参考書をAmazonでチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました