平城京とは?条坊制などの特徴を簡単にわかりやすく解説【日本史】

目次

平城京とは

710年に藤原京から平城京へいじょうきょうへの遷都が行われます。

平城京は奈良の都なので、この遷都が奈良時代ならじだいの始まりです。

つまり奈良時代は710年~ということになります。

平城京の特徴

平城京のモデルになったのは唐の長安ちょうあんです。

また、平城京に見られる碁盤の目のような街路を条坊制じょうぼうせいといいます。

さらに、平城京の中央を走る道を朱雀大路すざくおうじといいます。

この朱雀大路の東側(右側)を左京さきょう、西側(左側)を右京うきょうと呼びます。

東側(右側)が左京で、西側(左側)が右京なのは天皇の視点から見ているからです。

そしてこの左京・右京にはそれぞれ東西の市があり、この市を監督する役職を市司いちのつかさといいます。

平城京の政治の中心

平城京の政治の中心となるのは大内裏だいだいりです。さらにその中心を平城宮へいじょうきゅうといいます。

平城宮には天皇の居所である内裏だいり、政務・儀式の中心となる朝堂院ちょうどういんがあります。

朝堂院の中には重要な儀式を執り行う大極殿だいごくでんがあります。

まとめ

  • 710年、平城京へ遷都し奈良時代が始まった
  • 平城京は長安をモデルに碁盤の目のような条坊制を採用している
  • 平城京の中心を南北に走る道を朱雀大路といい、朱雀大路の東を左京、西を右京という
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる