令義解の内容を簡単に超わかりやすく解説!養老律令の内容とは?

令義解
目次

令義解の概要

りょうの義解ぎげは718年、元正天皇げんしょうてんのうのときに藤原不比等ふじわらのふひとらが中心となって編纂へんさんした法令の養老律令ようろうりつりょうのうち、養老令ようろうりょうの注釈書です。

令義解りょうのぎげには現代の刑法にあたる「りつ」についての記載はありません。しかし、現代の行政法・民法にあたる「りょう」について詳しく解説しています。

筆者

養老のうち「りょう」について解説している本だから「義解りょうのぎげ」という名前なんだね。

「養老律令」は戦国時代までに無くなってしまっているので、この法律を知るには「令義解」が頼りになります。

なお、令義解の成立は833年で、これを記したのは清原夏野きよはらのなつのらと言われています。

【補足】
養老律令の完成は718年でしたが、施工されたのは757年と、約40年も過ぎた後のことでした。
これは、養老律令を編纂した藤原不比等が死亡してしまったことなどが原因とされています。

ここから早速、令義解の本文を1つ1つ確認していきましょう。

令義解の本文

50戸で1里!

令義解(1)

およ五十戸ごじっこもっせ。里毎りごとおさ一人ひとりけ。

【現代語訳】
戸は50戸で1里とする。里に里長を1人置け。

律令制度の時代は地域を国・郡・里で分けていました。

国・郡・里とは、今で言う都道府県や市区町村といった地方行政区画にあたります。

そして501という単位だったわけです。郷戸ごうことも呼ばれ、およそ20人~30人の集まりのことです。つまり郷戸は複数の家族で構成されていたんですね。ちなみに個々の家族のことを房戸ぼうこといいます。

計帳

令義解(2)

およ計帳けいちょうつくらむことは、年毎としまいに…

【現代語訳】
計帳は毎年作れ。

計帳けいちょうとは、税をとるための基本台帳のことです。氏名、年齢、性別など、税金を計算するのに必要な情報が書かれています。

「税をどのくらいとるか?」を計算する元になる台帳なので毎年作成されます。

戸籍

令義解(3)

およ戸籍こせき六年ろくねんひとたびつくれ。…およ戸籍こせきは、つね五比ごひとどめよ。とおものしだいりてのぞけ。近江おうみ大津おおつみや庚午年籍こうごのとしのせきのぞくことせず。

【現代語訳】
戸籍は6年に1度作成し、30年間保存しなさい。30年経ったら古いものから捨てなさい。ただし近江大津宮おうみおおつのみやで作成した庚午年籍こうごねんじゃくは永久保存しなさい。

戸籍は6年に一度作成され、30年間の保存が義務付けられています。逆に、30年以上経ったものは捨てて良いんですね。

但し、天智天皇てんじてんのうが作った庚午年籍こうごねんじゃくという戸籍だけは永久に保存することになっています。

そもそも戸籍こせきは何に使うの?
わざわざ作らなくても「計帳」に氏名・年齢・性別が書いてあるんじゃないの?

筆者

戸籍は班田収授はんでんしゅうじゅの基本台帳として使うよ。
班田収授というのは、6歳以上の者に口分田くぶんでんと呼ばれる田んぼを国が貸し与える制度のことだよ。

口分田

令義解(4)

およ口分田くぶんでんたまはむことは、おとこ二段にだんおんな三分さんぶんいちげんぜよ。五年以下ごねんいかにはたまはず。

【現代語訳】
口分田くぶんでんの支給については男子に2段。女子にはその3分の1を減らして与えよ。5歳以下に与える必要はない。

口分田くぶんでんというのは、6歳以上の国民に国が支給してくれる田んぼのことでしたよね。

男子には2段、女子にはその3分の2の口分田が与えられました。

筆者

1段は360歩のことなので、2段というのは720歩。
その3分の2は、480歩。
つまり1段120歩が、女子に与えられたんだね。

なお、口分田を班給はんきゅうしやすいように田んぼを四角く分けました。これを条里制じょうりせいといいます。現在の田んぼが四角い形をしているのもこの名残と考えられます。

国民なら男子は2段、女子は1段120歩というのはみんなに共通だったの?

筆者

実は一律というわけじゃなかったんだ。
当時、貴族や一般の農民を良民りょうみん、その他の奴隷身分を賤民せんみんとして区別していたよ。

さらに、賤民せんみん五色ごしきせんという5種類に分類されました。五色の賤とは陵戸りょうこ官戸かんこ家人けにん公奴婢くぬひ私奴婢しぬひのことです。

陵戸りょうことは天皇のお墓を守る奴隷身分のことです。そして、政府が所有する奴隷が官戸かんこ公奴婢くぬひです。それに対して民間の有力者が所有する奴隷が家人けにん私奴婢しぬひです。

政府が所有する奴隷である陵戸・官戸・公奴婢は良民の男女と同じ量の口分田をもらえました。しかし、民間で所有する家人・私奴婢に関しては良民男女の3分の1しか口分田をもらえませんでした。

また口分田からの収穫に対しては、「」という税金が課せられました。租は1段につき2そく2でした。

調・庸・雑徭

令義解(5)

およ調ちょうきぬあしぎぬいと綿わたぬのは、ならびに郷土きょうどところしたがへ。
およ正丁せいてい歳役さいえき十日とおかようるべくんば、布二丈六尺ぬのにじょうろくしゃく。…
およ令条りょうじょうほか雑徭ぞうようは、ひとごとひとしく使つかへ。すべ六十日ろくじゅうにちぐることをざれ

【現代語訳】
調ちょうは絹・あしぎぬ・糸・綿・布などの中から、その地方で適切なものを選んで納入せよ。正丁せいてい歳役さいえきは10日、もしその代わりにようで納入する場合は布二丈六尺ぬのにじょうろくしゃくとせよ。以上のりょうに規定した以外の雑徭ぞうようは、不公平にならないようにせよ。合わせて60日を超えてはいけない。

調ちょうとは地方の特産物を国に納めることです。これに対して歳役さいえきと呼ばれる年10日間の労働の義務を免除してもらうために支払う税のことをようといい、税額はぬのじょうしゃくでした。

筆者

歳役さいえきとは、正丁せいてい21歳~60歳の男子)が都で10日間働くことだよ。
しかし、たった10日間の労働のためにわざわざ地方から京の都まで歩いていくのは現実的ではなかったので、大部分の人は歳役を免除してもらうために庸を支払ったんだね。

また雑徭ぞうようという地方税も課されました。雑徭ぞうようはモノを納める税ではなく、労働で支払う税でした。

具体的には、国司こくしの命令で最大60日間、土木工事などをしなければなりませんでした。

兵役

令義解(6)

およ兵士へいし上番じょうばんせむは、きょうむかはむは一年いちねんぼうむかはむは三年さんねん行程こうていかぞへず

【現代語訳】
兵士としての勤務は、京に向かう衛士は1年、九州に行って防人となる者は3年とせよ。往復の日数はこれに含まない。

これは最も過酷な制度で、正丁せいてい(21歳~60歳の男子)の3人に1人には、兵役が課せられました。

京を警備するのが衛士えじ1年間)で、北九州を守るのが防人さきもり3年間)です。

筆者

防人に選ばれた場合には3年間の兵役がある上に、歩いて北九州に向かう間の往復の日数は期間に含まれていないというのは、本当に過酷ですね…。

令義解に関する一問一答!8題

一問一答で重要ポイントを暗記しよう!

ここからは一問一答で知識を定着させていきましょう。一問一答を8題用意したので、腕試しにぜひご活用ください。

※それぞれの問題をタップ(クリック)すると、解答解説が表示されます。

おわりに

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました!繰り返し当記事の解説や一問一答を読み込むことで、日本史の知識が定着しますので、是非、この記事をブックマークして日本史学習の参考にして頂ければ幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次