remember to do/doingの意味の違い【不定詞vs動名詞】

英文法

remember to doとremember doingの違い

remember目的語が不定詞か動名詞かで意味が違ってくる動詞です。不定詞の基本イメージは「未来」なのでremember to doは「(これから)~することを覚えている」という意味です。一方、動名詞(~ing)の基本イメージは「過去」なので、remember doingは「(過去に)~したことを覚えている」です。

remember to doremember doingの意味の違いは文法問題で頻出なので、具体的な例文で確認していきましょう。

remember to doの例文

Please remember to hand the cake to her.
彼女にケーキを渡すのを忘れないで下さい。

未来に)彼女に~を渡すのを忘れないで下さい」という意味です。丸暗記に頼らず「不定詞の基本イメージは未来」を理解した上で意味を覚えましょう。

remember doingの例文

I remember handing the cake to her.
私は彼女にケーキを渡したことを覚えている。

過去に)彼女にケーキを渡したのを覚えている」という意味です。「動名詞の基本イメージは過去」を理解した上で意味を覚えるようにすると効率的です。

練習問題

例題Please remember(  )this letter tomorrow.

①mailing ②not forget ③posting ④to mail

解答解説
中部大学の過去問です。全訳は「明日この手紙を忘れずに出して下さい」です。不定詞は「未来」を表すので、remember to doで「(未来に)~するのを忘れない」という意味です。未来を表す副詞のtomorrowがあることから不定詞の④to mailが正解です。ちなみに、remember doingは「(過去に)~したことを覚えている」でしたね。
[PR] 今売れ筋の英文法の参考書をAmazonでチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました