オンライン家庭教師と予備校どっちを選ぶ?その違いについて徹底解説!

  • オンライン家庭教師か予備校か、どちらかを受けたいと思ってるんだけど…
  • 子供にどちらが向いているかが分からない
  • オンライン家庭教師と予備校のどっちが良いのか教えて!
筆者:旧帝大卒 元研究者

筆者の私も、旧帝国大学・大学院に在学していた際、家庭教師や塾講師をしていたので、ご家庭の方や生徒さんのお気持ちが良く分かります。

この記事では、オンライン家庭教師と予備校のメリット・デメリットを整理しお子様にはどちらの方が向いているか徹底解説します!

目次

オンライン家庭教師と訪問型家庭教師の違い

オンライン家庭教師と予備校の比較をする前に、まずオンライン家庭教師と従来の家庭訪問型家庭教師の違いについて簡単に解説します。

最大の違いは、その料金です。

オンライン家庭教師の料金の相場は、ある程度幅があるものの1時間3000円~5500円程度です。

通常の家庭訪問型家庭教師は、当然ご家庭までの交通費も費用に含まれ、また移動時間も講師の時間を拘束するため、どうしても料金が高い傾向にあります。

また塾・予備校と比較した場合でも、施設利用費や維持費がかからないため、オンライン家庭教師の方が安くなる場合があります。

つまりオンライン家庭教師は、生徒一人ひとりに最適で高品質な授業を低価格で提供できる、時代に合った学習支援サービスだと言えるでしょう。

オンライン家庭教師のメリット・デメリット

オンライン家庭教師のメリット

  • お子様一人ひとりの学習状況に合わせた指導が受けられる
  • マンツーマンなので先生に質問しやすい
  • 通学時間が必要ない
  • 指導時間をある程度自由に設定できる

なによりお子様一人ひとりに寄り添ったマンツーマン指導は、家庭教師ならではと言えます。

分からないところは先生にすぐに質問することで、勉強につまずくことなく学習を進める事ができます。

通学の必要もなく、お子様の学習時間を最大化できることも大きなメリットですよね。

オンライン家庭教師のデメリット

  • ライバルとの競争意識が生まれにくい
  • 先生との相性がとても重要

オンライン家庭教師の最大のデメリットは、お互いに高めあうようなライバルの存在が無いことです。講師は生徒の成績が上がるよう指導してくれる最高のパートナーではありますが、ライバルではありません。

塾や予備校なら、隣に座る生徒と競い合うことでモチベーションを高めることができますが、そういった相手を持てないことはデメリットになるかと思います。

また家庭教師の場合、先生との相性が非常に大切になります。この点については、多くのオンライン家庭教師で講師の交代が無料で受けられるようになっているため、合わない講師の場合には思い切って交代した方が結果的に満足度が高くなります。

筆者:旧帝大卒 元研究者

従来型の家庭教師のデメリットとされていた費用については、オンライン化することで大きく抑えられており、もはやデメリットでは無くなってきていますね。

予備校のメリット・デメリット

予備校のメリット

  • 超一流講師の講義を受けられる
  • 他の生徒と一緒に受けるので、モチベーションが高まる
  • 自習室を利用できる

大手予備校で長年指導を続けてきた超一流講師の授業を生で受けられることは、大きなメリットだと言えます。

また、集中して勉強できる環境がご家庭に無い場合には、予備校の自習室はとても便利なのではないでしょうか。

予備校のデメリット

  • カリキュラムが固定されている
  • 受け身型の授業が基本で、講師に質問しづらい
  • レベルに合った授業で無い場合、付いていけなくなる
  • 集団での授業であるため、年度途中からのスタートが難しい
  • 通学時間を確保する必要がある
  • 受講時間の調整が難しい

予備校は多くの生徒を一度に教えるスタイルのため、どうしても受け身型の授業となり、授業中に分からない点が出てきても先生への質問は難しいです。

また予備校の授業は、基本的にはカリキュラムが固定されているため、弱点部分だけ授業を受けるといった融通もきかない場合が多いです。

さらには予備校までの通学時間もかかるため、どうしても時間のロスに繋がってしまうのもデメリットですね。

お子様には家庭教師と予備校どちらが向いているか?

オンライン家庭教師が向いているお子様

  1. 自分のレベルに最適な学習計画を立てたい
  2. 分からない所を適宜先生に確認しながら勉強を進めたい
  3. 学校行事や部活で忙しく、まとまった時間を確保できない
  4. 地方にお住まいで、有名な予備校が少ない
  5. 家でじっくりと勉強できる環境がある

オンライン家庭教師が向いているお子様としては、お子様一人ひとりの状況に最適な学習計画を立てたい方や、分からない点はすぐに質問し理解しながら勉強したい方です。

学校行事や部活で忙しく、通塾の時間を確保できないお子様にも、ご自宅で受けられるオンライン家庭教師は最適ですね。

筆者:旧帝大卒 元研究者

居住地域に関わらず最適な指導を受けられるオンラインの強みを活かせることから、地方にお住まいの方にも良い選択肢ですよね!

予備校が向いているお子様

  1. ある程度の基礎学力がある
  2. 一流講師の授業を目の前で受けたい
  3. 他の生徒と刺激を与え合いながら勉強したい
  4. 年度初めなど、切り替わりの時期から勉強を始める
  5. 大手予備校がある都市部に住んでいる
  6. 家で静かに勉強できず、予備校の自習室を利用したい

予備校の方が向いているお子様としては、授業全体を理解できる程度の基礎学力を有している方や、他の生徒と刺激し合いながらモチベーションを維持したい方です。

大手予備校に通学できる程度の都市部に住んでいる事や、家で静かに勉強できる環境が無い事も、予備校の方が良い理由になりますね。

結論:オンライン家庭教師は多くのお子様にオススメ!

分からないところをいつでも講師に質問できるオンライン家庭教師は、多くの方にお勧めできるサービスです。

オンライン家庭教師が良いサービスなのは分かったけれど、色々と会社があってどれを選んでいいのか分からない…

筆者:旧帝大卒 元研究者

おすすめのオンライン家庭教師としては、オンラインでも対面と同じクオリティの授業が受けられる「オンライン家庭教師のメガスタ」です。

メガスタの最大の特徴である、「表情」と「手元」の2画面同時表示によって、オンラインでありながら対面と同じクオリティの授業を実現。

メガスタのサービスの特徴については、以下の記事でより詳しく解説しています。

オンライン家庭教師のメガスタ徹底解説!

この記事が、オンライン家庭教師・予備校どちらにするかの判断に役立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる