共働きで親が不在でも、オンライン家庭教師なら安心して受けられる!

  • 夫婦共働きで家に不在の時にも、子供に家庭教師を受けさせたいと思ってるんだけど…
  • 訪問型家庭教師の場合、先生と子供2人だけにするのはちょっと心配。。
  • オンライン家庭教師なら大丈夫なのか教えて!
筆者:旧帝大卒 元研究者

筆者の私も、旧帝国大学・大学院に在学していた際、家庭教師や塾講師をしていたので、ご家庭の方や生徒さんのお気持ちが良く分かります。

この記事では、ご両親が共働きでお子様への家庭教師をどうするか迷っている方にオンライン家庭教師の場合はどうなのか徹底解説します!

目次

オンライン家庭教師と訪問型家庭教師の違い

オンライン家庭教師と予備校の比較をする前に、まずオンライン家庭教師と従来の家庭訪問型家庭教師の違いについて簡単に解説します。

最大の違いは、その料金です。

オンライン家庭教師の料金の相場は、ある程度幅があるものの1時間3000円~5500円程度です。

通常の家庭訪問型家庭教師は、当然ご家庭までの交通費も費用に含まれ、また移動時間も講師の時間を拘束するため、どうしても料金が高い傾向にあります。

また塾・予備校と比較した場合でも、施設利用費や維持費がかからないため、オンライン家庭教師の方が安くなる場合があります。

つまりオンライン家庭教師は、生徒一人ひとりに最適で高品質な授業を低価格で提供できる、時代に合った学習支援サービスだと言えるでしょう。

ご両親が共働きで、家庭に不在の場合どうするか?

従来の訪問型家庭教師だと、心配の種は尽きない

お子様が家に1人の状況で家庭教師を家に招き入れる事は、やはり少し心配になってしまいますよね。

同性の先生をお願いしたり、家ではなく近くのファミレス・喫茶店などで指導してもらう等の対策をとる事もできますが、その費用負担など、新たな悩みも出てきてしまいます。

筆者:旧帝大卒 元研究者

私が訪問型家庭教師をしていた時も、やはり男の子を担当する事が多かったです!

長らくお付き合いのある先生であれば心配は不要かもしれませんが、これから新たに家庭教師を考える場合には、訪問型家庭教師ではなくオンライン家庭教師を選ぶのも選択肢の一つです。

オンライン家庭教師なら、お子様一人でも安心して受けられる!

お子様が家で一人だったとしても、オンライン家庭教師であればパソコン越しに授業を受けるだけなので、トラブルが起きる事は無いはずです。

先生の訪問が無いため家が片付いていない状態でも大丈夫ですし、指導後に先生にお茶・お菓子を差し出す必要も無いので、親としても気楽ですよね。

むしろ、親が不在でもお子様がしっかりと学習している記録になるので、安心して任せる事ができるのではないでしょうか。

オンライン家庭教師サービスによっては、親が講師と直接情報交換できたり、後から授業の様子をデータで確認させてくれるところもあるため、しっかりと学習が進んでいる様子を把握する事ができます。

お子様のみでオンライン指導を受ける際の注意点

お子様が一人でオンライン家庭教師の授業を受ける場合には、事前にインターネット接続環境をよく確認しておく必要があります。

それは、せっかくの指導時間中にネットが切断してしまうと、貴重な時間が削られてしまうから。

パソコンに不慣れなお子様の場合には、指導画面までたどり着けるように、事前に何回か練習しておく事をお勧めします。

また、オンラインの場合は隣に先生が座っているわけではないため、緊張感が薄く集中力が途切れやすい注意点もあります。

このためオンライン指導を受けるお子様の机周りは、マンガやおもちゃなど注意がそれるようなモノは事前に片付けておきましょう。

こうした事前準備をしっかりしておけば、オンラインでも対面と変わらないクオリティで授業を受ける事ができ、ひいてはお子様の成績アップに繋がるはずです。

結論:共働きのご両親にこそオンライン家庭教師がオススメ!

先生を自宅に招く必要のないオンライン家庭教師は、共働きで不在がちなご両親にこそお勧めできるサービスです。

オンライン家庭教師が良いサービスなのは分かったけれど、色々と会社があってどれを選んでいいのか分からない…

筆者:旧帝大卒 元研究者

おすすめのオンライン家庭教師としては、オンラインでも対面と同じクオリティの授業が受けられる「オンライン家庭教師のメガスタ」です。

メガスタの最大の特徴である、「表情」と「手元」の2画面同時表示によって、オンラインでありながら対面と同じクオリティの授業を実現。

メガスタのサービスの特徴については、以下の記事でより詳しく解説しています。

オンライン家庭教師のメガスタ徹底解説!

この記事が、共働きで家庭教師をどうするか悩まれている方の判断に役立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる