be made of / from / intoの違い・使い分け・覚え方【試験に頻出!】

目次

be made of / from / intoの違い

be made ofbyを使わない受動態の一種で、be made of <材料>で「<材料>でできている」という意味です。一方、be made from <原料>は「<原料>で作られている」です。

すなわちbe made ofは「絹製のシャツ」のように「~でできている」というニュアンスですが、be made fromは「fromという前置詞のイメージ」からもわかるとおり「石油を原料とする洗剤」のように「~から作られている」です。

そして<材料> be made into <製品>は「<材料>から<製品>を作ることができる」です。

ここからは実際の例文を使ってbe made of / from / intoの意味を確認していきましょう。

be made ofの例文

This shirt is made of silk.
このシャツは絹製だ。

be made of+<材料>は「<材料>でできている/<材料>製だ」です。シャツが絹製であることは、目で見てわかりますよね。なので、ofが用いられています。

be made fromの例文

Paper is made from wood.
紙は木からできている。

be made from+<原料><原料>から作られている<原料>には「一見してそれだとわからないような原料」がきます。「紙は<>からできている」や「そのサプリメントは<ジャガイモ>からできている」といった場合にbe made fromを使います。

be made intoの例文

Apples can be made into jam.
リンゴからジャムが作れる。

<材料>be made into<製品><材料>から<製品>を作れる主語に<材料>がきて目的語に<製品>がくる点が特徴です。

be made のまとめ

  • be made of+<材料>[一見してわかる材料]
  • be made from+<原料>[一見してわからない原料]
  • <材料>be made into<製品>[材料が主語!]
[PR] 今売れ筋の英文法の参考書をAmazonでチェックしよう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる